2009年06月02日

男性が永久脱毛する理由

男性が永久脱毛をする理由はどの様なものなのでしょうか。

エステを利用して永久脱毛を希望する男性が多いのは、カミソリによる肌荒れや日に数回のひげの処理を避けるためといいます。

好みのデザインで脱毛をしたいから、口周りや頬の青々したひげを無くしたいからなども男性が脱毛する時の理由になっています。

脱毛施術を受けることで、ひげの量を減らしたいという男性は多いようです。

男性の永久脱毛にメリットがあるのでしょうか。

まず、ひげの濃い人にとっては、胸毛や顔のひげが目につくような状態にならずに済みます。

男性向けの脱毛コースでは、頬だけを脱毛したり、不要な部分のひげだけを脱毛することでひげの形を作ることもできます。

また、エステ等でひげの永久脱毛をすることで、毎日シェーバーでひげを剃る必要がなくなり、手間が省けると同時にカミソリ負けの心配もなくなります。

特にひげの濃い男性や肌の弱い男性はムダ毛の無い洗練された印象になります。

永久脱毛をすることで毛穴がキュッとしまり、つるっとしたきれいな肌にすることができます。

綺麗な素肌も手に入れる事が出来るのが男性の永久脱毛なのです。

納得のいく永久脱毛施術を受けるには、男性の永久脱毛について情報収集をし、疑問点はカウンセリングなどで晴らしておきましょう。

posted by da2momens at 14:04| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

男性のエステの永久脱毛

最近エステの広告でよく目にする、男性向け永久脱毛を利用する男性が増加しています。

ふつう男性ホルモンアンドロゲンの分泌量に比例して、体毛は多く濃くなるといいます。

特に太くたくましい男性の毛は、テストステロンという特殊な男性ホルモンの影響を受けています。

永久脱毛処理をエステで行うことによって、自己処理によるわずらわしい脱毛をする必要がなくなります。

ライトニング脱毛というのが、エステでの永久脱毛の方法で、毛を作る組織にダメージを与え減毛するために、特殊な光をメラニン色素に反応させます。

そうしてから、電気脱毛で1本1本残った毛を処理していきます。

アメリカの眼科医が、電気脱毛をまつげ除去のために開発したそうです。

電気による永久脱毛は、微量の直流電流と高周波電流を毛包に流し組織破壊を行う、極めて安全で確実な脱毛方法となっています。

ライトニング脱毛は、広い部分を脱毛する場合はおすすめです。

全体的に減毛すればスッキリするからです。エステでの永久脱毛での一般的な方法としては、顔や眉等の細かいデリケートな部分は電気脱毛との併用になります。

全身の男性のムダ毛に対応しており、眉毛、ひげ、脇毛、すね毛等に有効です。

男性特有の毎日の面倒なムダ毛処理から開放されるのが永久脱毛です。
posted by da2momens at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

男性の自己処理による脱毛

一般的に男性が脱毛をする場合、自己処理方法としてどんなものがあげられるのでしょうか。

ツィージングといって、毛抜きで1本1本引き抜くという方法が男性が自己処理で脱毛する場合にはあげられます。

ツィージングによる脱毛の長所は再生が遅い点です。

短所は痛みがある点と毛包に炎症や化膿の恐れがある点です。

脱毛後の皮膚を清潔に保つことが脱毛時に気をつけることです。

これは細菌感染を起こさないようにするためです。

シェービングといって、カミソリで剃る方法もよく行われる男性の脱毛方法ではないでしょうか。

カミソリの脱毛の難点といえば、切り口が太くなり毛が濃くなった様に見える事と、度々行わなくてはならないということです。

ハサミで切るカッティングも、男性の脱毛にはあります。

この方法の長所は皮膚に刺激を与えないということで、切り口が太くなる点と度々行わなくてはならない点が短所です。

このほか人気の脱毛方法は、脱毛クリーム、脱毛ムースを使用して毛を溶かすケミカルリムーブと呼ばれるものです。

特徴は切り口が自然で滑らかなことで、接触性皮膚炎を起こす事が皮膚に刺激を与えるものなのであるかもしれません。

皮膚の弱い方は使用前にパッチテストを行い、脱毛の処理時間は短くしてよく洗い流すようにすることが大切です。

自己処理は自分で簡単に脱毛出来るのは良いのですが、注意すべきなのはお肌を痛めたり毛を濃くしてしまう事もあるということです。
posted by da2momens at 20:00| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。